希少 初期 70年代 白タグ WOOLRICH アークティックパーカー ダウン

敷地面積71平米(約21.5坪)〜80平米(約24.2坪)の土地は、都心部では平均的な広さですが、注文住宅においてはスペースをうまく使うことが求められます。

「敷地面積」とは単純にその土地の広さの面積のことをいい、「建築面積」というのは、一般的にいう「建坪」のことで、おおよそで言うと建物の1階部分の床面積のことをいいます。

いくら広い土地(敷地面積)を持っていても、その全面に家を建てることはできません。
都市計画で用途や地域ごとに30%〜80%の範囲で制限がされています。(一般的な住宅の場合は、60パーセント程度といわれています。)
これを「建ぺい率」といいますが、敷地面積71m²〜80m²で仮に建ぺい率が60%の場合、
家を建てる部分である建築面積は42.6m²(約12.9坪)〜48m²(約14.5坪)になります。

の「建築基準法の一部を改正する法律」により、これまでの「防火地域内の耐火建築物」に加え、「準防火地域の耐火建築物」、「準耐火建築物」の建ぺい率が10%緩和されるようになりました。
要は、ある程度の防耐火性能を高めた建築物は、建ぺい率を10%上げてくれるという法律です。
建ぺい率が上がれば、それだけ家の大きさを確保できるということですから、家を建てる際にはこういったことも考えて間取りを考えることが必要になります。

オシャレドレッサー グレー デスク引き出し1杯LEDミラー 椅子 3点セット

るぅと はじめてのはっぴょうかい すと4

こちらの例は細長い土地で敷地面積76.6m²、建ぺい率が60%ですので、建築面積が46m²とれます。
細長い土地ですが、変形地ではなく長方形だと間取りプランも立てやすいです。
図のように1階は細長い土地を活かして18畳と少し大きめのLDKを持ってきています。
2階は3部屋と収納を取れる広さですので、3LDKの家を十分建てることができます。
また駐車スペースと空いたスペースでガーデニングもすることができます。
特に都内ですと75m&sup2以上の土地を持っていると、駐車スペースと部屋数もそれなりにとれるので、4人家族くらいで住むのも問題ないと言えます。

敷地面積72平米(約21.8坪)、建築面積(建坪)43.2平米(約13坪)の間取りプラン例

こちらの例はきれいな長方形で72m²の土地です。
ただ道路に面している土地なので、1階をWCL(ウォークインクローゼット)と納戸にして、2階と3階にダイニングとキッチン、寝室を持ってきています。
また、2階と3階にはルーフバルコニーを設定しています。
【良品】 ホンマ BERES E-06 3W16° レディース フレックスA 右下の階の屋根部を室外のスペースとして利用しているので、開放感がでます。
間取りは2DKになりますが、1階はすべて収納部屋なので、場合によってはキッチンと寝室にリフォームもできます。
その場合、2階を共用部分とした、部分共用型2世帯住宅にすることもできます。
特に敷地面積が小さい場合、将来のリフォームも見据えた間取りというのも、人によっては考えたほうが良いでしょう。

敷地面積75.2平米(約22.7坪)、建築面積(建坪)45.1平米(約13.6坪)の間取りプラン例

こちらはやや台形型ので75.2m²の土地です。
変形な分、長方形型の家は建てられなかったので、L字型になっています。
ジャーナルスタンダードラックス⭐︎バフストレッチ イージーサルエルパンツ
2階にLDKを配置するのにはメリットは、立地によっては日当たりが良く十分な採光を確保できることと、天井を高く取ることができる点が挙げられます。
デメリットとしては、やはり階段の登り降りが大変で、来客時の応対や、将来歳をとったときに支障が出る場合もあります。
また、変形の土地の空いたスペースでガーデニングをすることもできます。

敷地面積71平米(約21.5坪)、建築面積(建坪)42.6平米(約12.9坪)の間取りプラン例

こちらの例はかなり正方形に近いとちになります。
敷地面積71m²、建ぺい率が60%ですので、建築面積が42.6m²とれます。
特徴的なのはビルトインガレージがあることです。ビルトインガレージがあることで、雨の日でも濡れずに車までたどり着けます。
クラシカル❗️透かし柄❗️D0.50ct k18ダイヤリング ダイヤモンドリング
間取りは3階建ての4LDKで、2階はしきりのないLDKになっています。
小さいながらも洋室が4部屋あるので、子供が多いご家庭でも対応できる間取りです。

敷地面積71平米〜80平米の間取り例を挙げてきましたが、間取りを考えるのは難しく大変な作業です。
スタージュエリー14Kイエローゴールドピアスパター テーラーメイド TP COLLECTION RED ARDMORE」というサイトは、家を建てたい地域に対応できるハウスメーカーや工務店が、無料で注文住宅の「間取りプラン」や「見積もり」を一括で依頼してくれるサイトです。
ハウスメーカーや工務店は家づくりのプロなので、それぞれのご家庭の希望に合った間取りを、過去の事例も参考に提案してくれます。
しかも、複数の業者に一括に依頼できるので、各業者を比較しながら家づくりを進めることができます。
希望に合わなかったら、全ての業者を断っても全然問題ありませんし、料金も一切かかりません。
Galaxy S10 SIMフリー 128 GB SCV41 (J28) 本体
堀川波さん DOT TO DOT 刺し子ポシェット
SCR100wf SUPER CAT ユピテル Yupiteru